クレジットカードの現金化と債務整理の関係

借金がかさんで返せる見込みがなくなったら、その後どうすればいいかということを考えねばなりません。とりあえず、その場しのぎという言い方はあれですが、なんとかまとまったお金を工面して目先の返済を済ませるという目的で、クレジットカードの現金化を検討する人もいるかもしれませんが、この点についてはくれぐれも注意が必要です。

債務整理とは、返済が困難になってしまった借金を、おもに専門家の指導を受けながら見直していくことで。段階や程度によって、任意整理・個人再生・自己破産の三つに分けられます。前者の二つについては、借金の減額なんですよ。減額の基準はいろいろあるのですが、基本的には、余分な利息をカットして、消費者金融や銀行からお金を借り始めた時期から借金を再計算するかたちになります。借金がゼロになるのではなく、あくまで減額です。

それに対して、自己破産というのは、様々な制約を受け入れたうえで借金をゼロにしてもらえるというものです。ただし、繰り返しになりますが、自己破産には様々な制約が付きまとうので、これは本当に最後の手段、他にどうしようもなくなったときに選ぶ手段ということになります。確か、新しくものを買うにあたっても、本当に生活のために最低限必要なもの以外は何も買うことができないというくらいの制約があったはずです。

そして、冒頭でも、なんとか借金を返すためにクレジットカードの現金化を行ってまとまったお金を手にすればいいのではないかという説明を書きました。実際にそのように考える人はいると思います。しかしながら、クレジットカードの現金化を行ってしまうと、債務整理ができなくなります。つまり、借金をリセットしたり減額したりすることができないということになります。

だから、借金がかさんでもクレジットカードの現金化を行うことによって解決することは考えないほうがいいということになるわけですが、これはあくまで、業者にクレジットカードの現金化を依頼する場合の話だということも併せて考えるべきだと思います。

自分で換金可能な商品を集めて、手間暇かけてゆっくりと換金していくんだったら、大きな問題にはなりません。クレジットカードの現金化はグレーゾーンに当たる行為だということがよく言われて、確かにこれが法的に見て正しい行為なのかというときわどいところだというのは事実ですが、けれども、クレジットカードの現金化については、これまでのところ逮捕者が一人も出ていないというのも事実なので、別に発覚したからといってそこまで重い罰を受けるわけではないというのも事実です。ただし、これはあくまで「今まで逮捕者の前例がない」というだけで、逮捕される可能性がゼロだというわけではありません。

今ではネットショッピングが非常に充実しているので、個人が商品の出品者になることもなにも難しくありません。サイトのルールさえ守れば、個人が一からすべてのプロセスを自分でやりつつ、クレジットカードの現金化とまったく同じことをするということも不可能ではないのです。

クレジットカードの現金化を業者に依頼すれば、それが必ず発覚して、結果的に債務整理ができなくなるという制約があるので、もし消費者金融からお金を借りる以外の方法でまとまったお金を手にしたければ、やはり自分で通販サイトを利用しながらコツコツ換金していくしかないのかなと思います。